選択式問題、マークシートが苦手な人へ!

選択式の問題が苦手だという人! 得意になるための方法を書いてみます。 センター試験はマーク式なので、特に現代文などは、同じような選択肢ばかりで選ぶのに困ってしまう人も多いでしょう。 これを無くすためには、演習を繰り返すしかありません。 ただし、漫然と演習を繰り返したところで、同じミスを繰り返し、一向に間違いが減らないということもよくある話です。 では、どうす…

続きを読む

学習院対策 文学部の英語

学習院大学・文学部の英語の入試問題は読解力が重視されています。 最初の読解問題は難解ではありません。 設問も内容説明、同意表現、英文和訳が中心で、しかも、レベルはハイレベルではなく、オーソドックスな標準レベルです。 英語長文は読みやすいので、基礎学力があれば、内容は苦もなく把握できることでしょう。 ポイントは、語彙力、そして時間の中でどれだけ充実した得点を取れるか…

続きを読む

医学部合格のためには高校1年生から予備校へ通うべきか?

高校1年生から予備校に通うべきかという質問をよく受けます。 それも、出来れば医学部専門の予備校。 ただし、医学部専門の予備校は高額なので、躊躇し、3年生になってからでも遅くないかもと考えている生徒さんや親御さんも少なく内容ですね。 では、実際どうなのかというと、もし、新高1、つまり、高校1年生になったばかりであれば、新たなスタートを学校とともに予備校でゼロからスタートを…

続きを読む

出来る人の発想、出来ない人の発想

行動内容を細分化できるか否か。 これが出来る生徒と出来ない生徒を分ける大きな特徴かもしれません。 もちろん、仕事においてもそうかもしれないけど。 A.10時間ぶっ続けで同じ作業をする。 B.2時間を5回に分ける。 どちらが能率下がる? どちらが能率あがる? デキる生徒は、それがわかっています。 だからテスト前に慌てない。 テスト直前に10時間…

続きを読む

千葉大看護学部を受験するにあたって知っておきたいこと(特に面接)

千葉大学看護学部は、 国立大学では唯一の看護学部です。 日本の看護学の発展をけん引してきた歴史ある看護系大学であることは確か。 それだけ、実績のあるところなんですね。 しかし、面接では「歴史と伝統があるところだから志望した」と言うセリフはNGです。 ⇒歴史と伝統に寄っかかろうとする  主体性のない受験生だと思われてしまいかねないからです。 千葉大…

続きを読む

千葉大学 看護学部 倍率

旺文社の受験情報サイト「パスナビ」によると、 千葉大学・看護学部の推薦入試の倍率は、 2017年⇒4.1倍 2016年⇒3.7倍 です。 今年の倍率は、 まだどれぐらいになるのかはわかりませんが、 だいたい、例年通り、4倍前後に落ち着くのではないかと予想されます。 この倍率を多いと感じるか、 少ないと感じるかは、 受験生次第かもしれませんが、 看…

続きを読む

デキない生徒ほど「俺はやるときはやるぜ!」が口ぐせ

もちろん例外はありますが、あくまで一般的な傾向として、成績が残念な生徒ほどセルフイメージが高いような気がします。 「俺が本気出せばなんとかなる」みたいな根拠なき思い込みね。 あと、自分の力を過大評価しすぎな気もします。 「自力でなんとかやれるさ」みたいな。 では訊こう。 いままで本気だしてなんとかなったことって何回ぐらいある? 自力でなんとかなったこと…

続きを読む

持っている参考書、問題集のタイトルを言えますか?~デキない生徒の共通点

「単語帳、なに使ってるの?」 「わかりません」 「数学の問題集は何やってるの?」 「知りません」 けっこういるんです。 自分が持っている参考書や問題集などの教材の名前がわからない生徒。 テニス部の部員は、自分が使っているラケットのブランド言えると思います。 ⇒興味があることだから 写真部の部員は自分が使っているカメラのブランドや機種名を言えると思います。 …

続きを読む