玉の輿に乗りたいあなたに

生活は豊かであるに越したことはないけれど……。 お金持ちの人と結婚して優雅な生活を夢見る。 このことに関しては、女の子の本音のひとつなのかな?と受け止めるぐらいで、 人の夢は、人それぞれ、 この夢の内容に関しては、 特に良いとも悪いとも思っていません。 話しを色々聞くと、 だいたい彼女たちが思い描く「玉の輿」レベルの相手の年収は、 最低1000万円、できれ…

続きを読む

だから君は面接に落ちるんだよ

身体の姿勢よりも、心の姿勢が大事です。 これは、君たち大学受験生よりも、 むしろ、これから転職を考えている社会人の方にも 読んでもらいたい内容なんですが、 結局、面接で落ちる人って 共通した傾向があると思うんですよ。 AO受験、公募制推薦で面接がある人は、 よく読んでおいて欲しいのですが、 結局、面接で落ちる人って 「自分が、自分がちゃん」であることが多いようで…

続きを読む

この夏、うちの夏期講習で一気に実力アップ!

夏にやらずに、いつやるの?! すでに、生徒の皆さんの自宅には夏期講習の案内が届いていると思うけれど、 この夏、特に高3生、高卒生は、 夏期講習で一気に学力をアップさせましょう! やはり、例年、第一志望に合格している生徒は、 夏期講習を効果的に活用していますね。 弱点補強、 あるいは、テーマを決めて4日間、集中的に講義に取り組むことで、 普段はなかなか短期間…

続きを読む

英単語1日100語! ラクして短時間で効率よく覚える方法はこれしかない!

記憶は回数! もう一回書きます。 記憶は回数! これ本当ですよ。 このことを体感できた生徒から、どんどんリミッターが外れ、成績が急上昇をはじめます。 私は英単語覚えられません(僕は英単語覚えられません)という生徒が後を絶たないけれども、そういう人に限って、「一日どれぐらいの量を、どれぐらいの時間をかけて覚えているの?」と尋ねると、 30語や50語程…

続きを読む

今の「日本はアホばっかり」。だから、少しの努力で上を目指せる良い時代なんだ

どいつもこいつもアホばっか?! イノベーションハック株式会社代表取締役でWEBマーケターのトリイケンゴ氏のブログに、面白いことが書かれていました。 それにしてもあのチャンネル(ホリエモンチャンネル)は秀逸だ。 まだ見たことのない人は是非見たほうがいい。 (中略) ホリエモンが色んなゲストを呼んで、ビジネスに関しての質問や時勢に関する話題などにザクザク答えていくという感じだ。…

続きを読む

東大に現役合格、入学後はモテ生活。A君が守った「たった1つ」のこと

リア充目指す受験生はお読みください。 現在、外資系の投資会社でバリバリ働いているA君。 彼は東京大学の経済学部金融学科に現役合格。 入学後は所属したサークルと交流のある女子大とのパーティで彼女ができ、充実した4年間を送り、卒業しました。 そんなA君ですが、 高校2年生の夏休み前後から受験勉強をスタートさせた時点での偏差値は河合の模試で55前後。 うーん、滅…

続きを読む

「不眠不休」程度の努力で実現してしまう受験って、かなりハードルが低い試練だと思う

世の中、努力で「何とかなること」のほうが少ない。 君たちは、なんて甘くて、ユルくて、お人よしな世界で、悩んだり、苦しんだりしているんだ! そう言い切ってしまおう。 w(゚ロ゚;w 今日はちょっと上から目線で。 「上」といっても、 「年上」の「上」から、という意味です。 受験勉強を経て社会人として働いている「大人」から見ると、いま、君た…

続きを読む

夏前には英文解釈を!

夏が来る前にやっておきたいこと! 文法中心の授業である「英語α」や「英語β」を選択している高3生でも、 夏休みに入る前は、 軽く英文の読解のトレーニングにはいりましょう。 では、授業以外に、 何をどうすればいいのか? まず、いきなり長文に取り組んで自爆するよりは、 英文解釈系の参考書、問題集が出ていますので、 それらを学習時間の合間に取り入れるようにすると…

続きを読む

夢はみるもの 目標は達成するもの 悩んだらプロに聞け!

夢はみるもの。では目標は……? たとえば、 「東大合格が自分の夢です」 という言葉。 東大じゃなくても、ほかの国公立の大学や 早稲田でも慶應でもGMARCHレベルの大学でもいいんだけれど、 大学に入ることを「夢」といっているうちは、 まだまだ実現は厳しいかもしれない。 夢は叶えるものではなく、 夢は「みる」もの。 夢を見るのは自由だけれ…

続きを読む

大学のオープンキャンパスに行く・行かないで変わる合格率

一人で行くのが不安なときは友達と行こう! 大学のオープンキャンパス、はじまってますね。 毎年5月の中旬頃から夏にかけて、様々な大学がオープンキャンパスを開催しています。 毎年、受験生の動向を観察していると、高校3年生になって、あわててオープンキャンパスに行った生徒よりも、高校1、2年生のときに余裕を持って複数のオープンキャンパスを訪問した生徒のほうが合格する率が高いようです…

続きを読む

当予備校の資料請求は⇒こちら!(無料)