センター突破の秘訣!なぜ国語を得意科目にしておく必要があるのか

侮るなかれ、現代文。 センター試験の最初の科目は国語です。 ところが、この国語が、センター試験のすべての科目の中で、もっとも時間配分が難しい科目です。 時間配分を間違えて、解けるはずの問題に手をつけることなく試験時間終了! しまった! 数学や英語など、他の科目には自信があるのに、国語の点数でつまづいてしまったがために、予想通りの点数を取れなかった!と泣いている受…

続きを読む

大学に合格すると……?

やることだらけ、やれることだらけ! 大学に合格したら?! まずは思いっきり寝れます。 寝まくれます。(・∀・)b ゴロゴロしまくれます。 (親や兄弟に顰蹙を買わない範囲でね……) さらに、バイトできます。 仮に3月1日から始めたとすれば、入学する頃は最初の一か月分の給料が振り込まれている頃でしょう。 そのお金が、入学後のちょっとした小遣いになります…

続きを読む

現代文に「強く」なるための考え方

今回のセンター試験の現代文、カンタンでしたか? センター試験は、おおよそ平均点が6割になるように作られています。 なにしろ、毎年何十万人もが受験する試験です。 その中には、東大のように最高学府を目指している生徒や、偏差値高めの進学校に通う受験生もいれば、偏差値低めの高校に通う生徒も受けるわけで、それこそセンター試験を受ける受験生のレベルは様々。 ですので、どのレベルの…

続きを読む

吹奏楽部の生徒が合格する理由

吹部で培われること、たくさんあります。 当予備校には吹部(吹奏楽部)の部員が毎年何人も通っています。 そして、彼ら彼女らが引退して本気を出すと、結構、いい線いきます。 特にAO入試、公募推薦では。 (今年も吹部出身の子たち、けっこうイイ大学合格しています) その理由は? この本読めば、改めて「なるほど」と納得することが出来るんじゃないかな? 吹部ノー…

続きを読む

まずは完全燃焼しましょう。

「また一人脱落したようです」 「特ダネじゃね~か!」 毎年恒例なんですが、センター試験の1次試験が終了したこの時期になると、ネット上やSNS上では、結果が思わしくなかった人の書き込みがチラホラ。 そして、内容はだいたいが以下の如くです。 今回はダメだった。 来年頑張ろう。 良い予備校どこ? 今回の大学受験は諦める。 来年の大学受験は心を入れ替えて頑張る。 4月1…

続きを読む

何度も言うけど受験は「手数」「足数」です!

冬の新宿、寒くて人が多くて来るのがツラいかもしれないけど、おいでおいで、おいでやす もし仮に、 あなたのセンター試験の自己採点の結果がいまいちだったとしても、 クヨクヨしている暇はない! 次行こう!次! 今、すべきことを、精一杯やろう! もちろん、目の前のことに集中しようとしても、スパッと「ああ、センターダメだったぁ~」という感情を拭い去ることは不可能でしょう。 …

続きを読む

インフルエンザにご注意!

猛威をふるっておりまする、インフルエンザ。 特にA型のインフルはツラくて厳しいので、ご用心! インフルエンザの予防接種を打っている人でも、かかる人はかかるので、要注意! では、何を注意すればいいのかというと、風邪の予防と同じく、手洗いやマスク、そして外出時は暖かい格好をするのは当然として、とにかく体力を衰えさせないこと。 そして、免疫力を高めることです。 どうし…

続きを読む

本日のセンター試験お疲れ様でした。明日も頑張ろう!

明日もセンター頑張ろう! 本日のセンター試験を受験した受験生の皆さん、 お疲れさまでした! 明日もある人は、引き続き明日も頑張ろう! 仮に、今日の出来が悪くても、明日、挽回するつもりで頑張ろう! 仮に、今日の出来が良かった人は、慢心は禁物。明日はさらに気を引き締めて頑張ろう。 東京は本日の天気は晴れでした。 気温、体感温度もそれほど寒くはない陽気だったので、…

続きを読む

いよいよ明日はセンター試験!

いよいよです! 頑張って! 落ち着いて! 最後の1秒まで諦めないで! 早く寝よう! 早めに起きよう! お守りがわりの参考書(あるいは問題集、ノート)があれば持参しよう! 余裕をもって受験会場に到着しよう! チョコや飴など甘い食べ物を携行しよう! 周囲の受験生の多さに圧倒されないように! 「彼ら」と「戦う」のではなく、「自分」のベスト…

続きを読む

学習の痕跡を残しましょう。学習記録のススメ

記録をつけよう、つけまくろう! 先日の「例の方法」に関しての記事、ちょっと勿体ぶった書き方になってしまったんだけど、 >>実行した人は、ほぼ100%の確率で第一志望に合格!秘伝の「例の方法」 もったいぶたっところで何も始まらないので、公開しちゃいます。 最後まで実行できる人は、これまでの経験上からも、きわめて少ないことは知りつつ、しかし、この方法を信じて最後まで走り通…

続きを読む