慶應大学三田会 日本を動かす慶応卒業生

読みました? 2016年の5月に発売された『週刊ダイヤモンド5月28日号』の特集、御覧になりましたか? 特集タイトルは「慶應三田会 学閥の王者」。 特集タイトルどおり、現状は、実際そうなんですよね。 よく、ヤフー知恵袋などを見ると、「慶應なんかよりも偏差値が高い大学っていっぱいありますよね?」とか、「慶應よりも○×大学のほうが頭いいですよね?」というような質問を目にし…

続きを読む

現代文 センター試験の過去門にどう取り組むべきか

ただ闇雲に数をこなせばイイってもんでもない。 現代文の問題、センター試験の過去問はいっぱいやってるけど、一度やってしまうと、答えを覚えてしまうから、何回やっても意味ないし~。 という生徒、たまにいますね。 それから、ただ単にセンターの過去問をたくさん解いて、添削をして、「今回は出来た」「今回はあまり出来なかった」と採点結果に一喜一憂しているだけの人も時々見ます。 勿体…

続きを読む

音読と要約が「現国力」アップの鍵です!

音読ダイジ。要約ダイジ。 現代文、いくらやっても成績があがらない! そういう受験生の皆さん! ダマされたと思って「音読」をしてみてください。 小学生のときや中学生のときなど、よく国語の教科書を授業で先生に指されると立って音読しましたよね? これ、意外と効果があるんですよ。 でも、高校生になると、急に音読しなくなっていませんか? たしかに内容が難解にな…

続きを読む

もっとシステムをフル活用してね!

せっかく学力が上がるシステムが揃っているんだから 映像授業の欠点。 ⇒眠くなる┐(-。ー;)┌ ⇒わかった気分になっる でも、結局、得点につながらないことが多い。 しかし、眠くならなければ、分からないところをピンポイントで強化したいという「目的意識」があれば、苦手な単元の箇所の弱点効果にもつながります。 これ、映像授業のメリットね。 当予備校…

続きを読む

殺人的な学習計画を難関大学志望者に立てる理由

この人たちも、最初から「やる気」があるわけではない。 毎日満員電車に揺られているサラリーマンのオジサンたち。 あるいはOL。 彼ら彼女らは、毎朝、通勤ラッシュの時間帯、満員電車にもまれながら会社に向かっています。 このラッシュの中、これからする仕事に対して「やる気」になっているようにみえますか? 見えないですよね? 普通は。 彼らとてイヤイヤ会社に向かっているわ…

続きを読む

当予備校で勉強がはかどるわけ

集中できる場所で勉強しよう! 皆さん、学校や図書館、あるいは塾や予備校の自習室では勉強がはかどるのに、家に帰ると、まったく「やる気」を失くすってこと多くないですか? これ、心理学でも説明できることなんです。 「ホーソン効果」ってご存知? 舞台は、シカゴ近郊にあるホーソン工場。 ここで、工員の作業効率の実験が行われました。 照明の明るさによる作業効率の変化を…

続きを読む

人は人、自分は自分!

他人の成績を気にして 一喜一憂するヒマがある人は、 まだまだヒマ人です。 ライバルは必要か? もし、身近に学力が自分より同等か、もしくは少し上ぐらいの生徒がいて、彼(彼女)の存在が、自分のモチベーションアップに繋がるのであれば、彼(彼女)をライバルとみなして頑張ることも悪くはありません。 ただし、大して勉強もしないくせに、あの人の成績はこう、彼女の成績はこうでああでと、…

続きを読む