勉強の合間の休憩時間に注意しよう!

勉強の合間の休憩時間。 これ、結構重要です。 多くの人が陥りがちな罠、それは、大きなことをやり終えた後の休憩時間ってついつい長くなってしまいがちなこと。 勉強の休憩時間に、マンガに手が伸びると、夢中になって全巻読んでしまい、いつの間にか1日が終わる。 テレビをつけると、夢中になって次の番組も見てしまい、1日が終わる。 ゲームをはじめると、夢中になって終わらせるタ…

続きを読む

受験に合格した人の共通点はシンプルです。

高校受験、大学受験。 いろいろな生徒を指導してきましたが、合格した彼ら彼女らに共通した特徴、それは、行動がストップしなかったということ。 行動がストップしないと、必ず何かを学びます。しかも毎日。 毎日図書館に通う、毎日予備校の自習室に通い勉強。 毎日、決められた学習課題をこなす。 毎日、毎日、休まず何かを続ける。 これを淡々と繰り返していたか、いないかの違いで…

続きを読む

ヘタレな受験生は、だいたい三ヵ月でヘタれます。

張り切り過ぎて、朽ち果てる 君は「3か月の壁」を超えられるか?! どういうことか? 何千人もの受験生を見てきた上での経験則なのですが、 「三ヵ月の壁」を乗り越えられた受験生は、 だいたい受験に「勝ち」ます。 「三ヵ月の壁」を乗り越えられずに、 ケツをまくった受験生は、 だいたい受験に「負け」ます。 誰だって予備校に入れば、 「よし、やるぞ!」と思い…

続きを読む

効率、効率って言うけれども、効率を追求しなければならないほどの勉強量をこなしているの?

い。 効率よく勉強するにはどうしたらいい? 誰しもがそう考えるはずです。 しかし、最初から効率というものは追求するべきものではありません。 成績(偏差値)が低い生徒ほど、 「効率よくやるにはどうしたらいいですか?」と質問してきます。 もちろん、一日の学習スケジュールを聞いたうえで 効率の良い方法のアドバイスはしていますが、 それ以前の問題の生徒が多すぎ…

続きを読む

今が一番力を蓄える時期です。

食事もキチンととって力を蓄えよう 基礎学力がない人は、 今、行きたい大学の赤本(過去問)をやる必要はありません。 いや、1年分はやってもいいかもしれません。 現在の自分自身の「力」と、 大学側が受験生に求める「力」のギャップを知るために。 そして、「まだまだだな」と思ったところから、 「よし、やるぞ!」と気持ちが燃えてくれれば、 今後の勉強にも弾みがつくでしょ…

続きを読む

連休前。油断するなよ浪人生諸君!

のんびりしてたら後で泣く 4月下旬。 もうすぐ5月。 ⇒連休! まだまだ日にちはある。 ノンビリ過ごそう! そんなふうに思えるのは、 気候が暖かくなってきて、 一番、気分的にのんびりした時期だから。 一日が長く感じられる受験生、多くないですか? 特に浪人生の方は。 しかし、連休が終わり、 梅雨の季節になると、 とたんに、時間の流れが速…

続きを読む

高校1年生の1学期で、今後の3年間がほぼ決まってしまいます

新高1の皆さん、新しい学校生活はいかがですか? 高校3年間のスクールライフは、高校1年生の1学期でほぼ決定されてしまいます。 友達同士によるグループ、クラス内におけるヒエラルキー、そして、成績。 一学期の中間テストで学内の上位に食い込めば、ほぼ3年間は、学校の中の上位に居座ることができます。 なぜかというと、たとえば一度、1位を取ると、嬉しくなると同時に、この座を…

続きを読む

浪人生はバイトはしないほうが良い

浪人すると時間が余る。 もちろん予備校や自宅での学習は頑張るけど、午前中だけはバイトをしたい。 浪人することが決定した受験生の中にはそういう人も中にはいます。 ただし、結論からいうと、バイトはしないほうが良いです。 もちろん、どれぐらいのレベルの大学を目指しているかにもよりますが、まさか浪人して大東亜帝国レベルの大学を狙うという人はあまりいないでしょう。 個…

続きを読む

さあ、そろそろ運命の9月20日が近づいてきた

戦闘モードの秋がやってまいりました。( ̄^ ̄)ゞ 特に高卒生のみなさん。 そろそろ「運命の9月20日」が迫ってきています。 焦って勉強していますか?! さらに高卒生で理系のみなさん。 物理、化学、生物などの理科系科目、やりこんでますか? 運命の9月20日が迫ってきています。 運命だなんていうと、大げさかもしれませんが、9月…

続きを読む

学習した痕跡をキチンと残していますか?

一年頑張れば、これより余裕で高く積みあがるはず。 小説家の北方謙三氏は、小説家として日の目を見るまで、押し入れの中一段分の原稿用紙を書いたという。 また同じく『セーラー服と機関銃』などの作品で有名な小説家の赤川次郎氏にいたっては、作家としてメジャーな存在になるまでには、天井の高さまで原稿を書いていたという。 世に認められるためには、それぐらいの修行期間(下積み期間)が必要だ…

続きを読む

当予備校の資料請求は⇒こちら!(無料)